NEWS

石造邸宅殺人事件

2017.04.27

石造邸宅のコ・ス(コ・ス)「ミステリな人物、魅力に引き寄せられた」

俳優のコ・スが「ミステリなところを持ったキャラクターに興味ができた」と述べた。

10日午前、ソウル江南区新沙洞のCGV狎鷗亭でサスペンススリラー映画「石造邸宅殺人事件」(チョン・シック、キム・フィ監督、映画社ダ製作)の製作報告会が開かれた。正体不明の運転手のチェ・スンマン役の コ・スさんは「シナリオを最初いただいた時、すごく独特な雰囲気を感じた。他の映画では感じられなかったこの映画だけの妙な雰囲気があった」と説明した。

続いて「もちろんキャラクターも魅力的で、特にチェ・スンマンという人物に魅かれた。人物自体がミステリなところがある。死体のない殺人事件の被害者だけど、それだけでもいろんな思いがするキャラクターだった」と補足した。

一方、1955年アメリカで発表されたビル・S・バリンジャーの小説の「歯と爪」を原作とした石造邸宅殺人事件は解放後の京城、唯一な証拠は切り出された爪だけの疑問の殺人事件で京城最高の財力家と過去をすべて消した正体不明の運転手が絡まって起こるサスペンススリラーである。 コ・ス、金柱赫、文盛瑾、朴星雄などが加勢し、「奇談」のチョン・シック監督と「退魔:巫女の洞窟」、「怖い話2」、「隣人」のキム・フィ監督が共同演出した。きたる5月公開予定

石造邸宅殺人事件のコ・ス、ミステリな変身。「チャレンジしたかったキャラクター」

映画 「石造邸宅殺人事件(監督:チョンシック・キムフィ)で俳優のコ・スが正体不明のミステリな運転手のチェ・スンマン役を担当してこれまでとは180度違う魅力をお見せする。2017年だけでトータル3編の映画で観客に会いながら関心を集めているコ・スがきたる5月の公開を予定している「石造邸宅殺人事件」で風変わりした姿をお見せする予定だ。「石造邸宅殺人事件」は解放後の京城、唯一な証拠は切り出された指だけの疑問の殺人事件に京城最高の財力家と過去をすべて消した正体不明の運転手がからまって起きるサスペンススリラー。

コ・スは解放後の京城の正体不明の運転手でありながら死体のない殺人事件の被害者のチェ・スンマン役を担当した。チェ・スンマンは家族も友達もいない孤児の身分で派手なクラブを回りながらお客さんを乗せていたある日、財力家のナム・ドジンの目に入って運転手として雇用される人物。純真な顔、みすぼらしい身なりの裏にミステリな過去を潜めているキャラクターだ。このようなストーリーの中で抜けた姿を見せながらもちょっとしたら何を考えているかわからない顔を現す二重的魅力のチェ・スンマン役をコ・スだけの感性で消化し出して新しい面貌をお見せすることが期待される。コ・スは「これまで見てきた韓国映画シナリオとは結構違ってもっと挑戦してみたかった」といい、「石造邸宅殺人事件」に参加するようになったきっかけを述べた。

また「チェ・スンマンは映画で緊張感を最後まで引いていくべきキャラクターだったので撮影する間、キャラクターの感情を維持するよう、一番注意した」といいながら、キャラクター表現に力を入れた努力も伝えた。このようにコ・スはサスペンススリラー「石造邸宅殺人事件」でこれまで見せてきたキャラクターとはまた違う姿で観客に近づく予定だ。「石造邸宅殺人事件」はきたる5月に公開する。

俳優のコ・スが映画「石造邸宅殺人事件(監督:チョン・シック、キム・フィ)でスクリーンにもどる。最近「ルシード・ドリーム」で体を太らせる熱演をしたけど、 興行惨敗を味わったコ・スがこれまで見せたことのない新しい姿で観客に会う準備を完了した。それは「石造邸宅殺人事件」を通じてだ。

「石造邸宅殺人事件」は解放後の京城、唯一な証拠は切り出された指だけの疑問の殺人事件に京城最高の財力家と、過去をすべて消した正体不明の運転手がからまって起きるサスペンススリラー。コ・スは解放後の京城の正体不明の運転手でありながら死体のない殺人事件の被害者のチェ・スンマン役を担当した。チェ・スンマンは家族も友達もいない孤児の身分で派手なクラブを回りながらお客さん乗せていたある日、財力家のナム・ドジンの目に入って運転手として雇用される人物。純真な顔、みすぼらしい身なりの裏にミステリな過去を潜めているキャラクターとして、コ・スも自分のキャラクターに対する説明を殺人事件の被害者ぐらいで留めて伝えながら観客が映画を通じて直接確認するととても興味津々なはずだと伝えた。

疑問の殺人事件というストーリーの中でコ・スは、抜けた姿を見せながらもちょっとしたら何を考えているかわからない顔を現す二重的魅力で観客の好奇心と推理力を刺激し劇を導いていく。今回の作品で演技変身が期待されるコ・スは「前作では見られなかった私の姿をみることができるはず」といい、「緊張感を最後まで導いていくべきキャラクターだったので撮影する間、キャラクターの感情を維持するよう、一番注意した。」の明かした。

特にコ・スと金柱赫の相性も「石造邸宅殺人事件」の観覧ポイントとして作用するようにみえる。以前、映画「共助」で悪役演技をしながら演技変身に成功し好評を博している金柱赫さんが今回は殺人事件の容疑者として強烈なカリスマを発散し、コ・スとどんな組み合わせを作り出すのかが期待されている。

以前、コ・スが主演を担当した映画「家に帰る道」、「尚衣院」、「ルシード・ドリーム」などが相次いでよい成績を出せなかった。それだけあって「石造邸宅殺人事件」がコ・スの俳優人生においてどんなときよりも重要な状況。それにはかかわらず、コ・スの演技がうまいというのは誰でも知っている事実だ。目新しいキャラクターに挑戦し、自信を持って現れたコ・スが「石造邸宅殺人事件」を通じて演技力の認定を越え、「興行」といううさぎまでつかむことができるか成り行きが注目される。